SHR脱毛の特徴

最新のSHR脱毛って何?これまでの光脱毛とはどうちがうの?

光脱毛は医療脱毛に比べ効果は劣るものの安価であるため、気軽に受ける事が出来るのが魅力です。
そんな光脱毛にも「IPL脱毛(以下IPL)」「SSC脱毛(以下SSC)」、「SHR脱毛(以下SHR)」と、3種類の方法が存在している事をご存知でしたか?

光脱毛の種類

上記のとおり光脱毛はIPL、SSC、SHRと3つに分類されています。
まずはそれぞれの手法の説明をする際に前提知識として必要になる、光脱毛の原理についてお話します。

光脱毛の原理

光脱毛はその名のとおり光の照射を利用した脱毛法です。
機材から照射された光は、人間の体毛に含まれる黒い色素である「メラニン」に吸収され、熱を生み出し、その熱は体毛によって皮膚の奥へと伝達されます。
光脱毛はその熱を利用し、特定の細胞にダメージを与える事で発毛能力を弱めます。

IPLとSSC

IPSとSSCはどちらも光から変換された熱を毛穴の奥に存在する毛根、性格には毛乳頭に伝達し、ダメージを与える脱毛法です。
IPLはIntensive Pulse Lightの略であり、キセノンガスに放電する事によって発光する「キセノンランプ」を使用しており、抑毛効果に加えシミやソバカスの緩和、すなわち美肌効果も期待できます。
SSCはSmooth Skin Controlの略で、光の照射と専用のジェルを併用する技法です。
専用のジェルにはよく毛作用を持つ成分が入った小さなカプセルが混入されており、照射によってカプセルを割ることにより、施術の効果をさらに高めます。

SHR

SHRはSuper Hair Removalの略です。
「SHR」と「IPS及びSSC」の最大の違いは熱を伝える対象です。
IPSとSSCが毛乳頭まで熱を伝達させる必要があったのに対し、SHRはその手前の「バルジ領域」を対象としているため、毛根まで熱を伝えずに脱毛が可能なのです。

バルジ領域とは

バルジ領域は表皮と毛根の中間に存在する器官であり、体毛の成長を促進させる役割を担っています。
SHRはバルジ領域にダメージを与え、体毛の成長を阻害することによって脱毛効果をもたらします。

SHRの効果とメリット

SHRはIPLやSSCと同様に高い効果があるだけでなく、とても魅力的なメリットが存在します。
ここからはSHRのメリットについてお話します

出力を抑えられる

SHRはバルジ領域を対象にした脱毛法、つまり毛乳頭まで熱を伝える必要がありません。
そのためIPLやSSCほどの高出力は不要です。
より小さな出力で施術を行えるSHRは他の2種に比べ、痛みやヤケドなどのリスクを軽減する事が出来るのです。
ほんとに痛いのが嫌な人は、SHR脱毛と同じ蓄熱式で1番出力が弱い機械なので痛みを一切感じない、ハイパースキンカレンがおすすめです。

頻繁に行う事ができる

光脱毛は体毛の生え変わりのサイクル「毛周期」にあわせて行わなければなりません。
毛周期は体毛が成長し、伸びる「成長期」、毛根が毛乳頭から離れる「退行期」、体毛が毛穴から抜け、次の体毛の育成準備期間にあたる「休止期」に分けられ、部位ごと、毛穴ごとにサイクルのタイミングは異なっています。
IPLやSSCは毛根が毛乳頭と接している成長期の体毛にのみ有効、つまり退行期や休止期の体毛には効果がありません
対してSHRは体毛がバルジ領域に接触していれば効果が期待できます。
つまりSHRは成長期に加え退行期の毛穴にも効果が発揮できるため、IPLやSSCよりも頻繁に照射することが出来るのです。

SHRは従来の光脱毛と比べ低リスクかつ、短期間での施術が可能となっています。
これまで痛みとヤケドのリスクや、長期間の施術が原因で二の足を踏んでいた方は、この機会に是非お試しください。