SHR方式の脱毛機

メディオスターはなぜ痛みが殆ど無いの?

蓄熱式のレーザー脱毛マシン

メディオスターは蓄熱式のレーザー脱毛マシンです。
従来のレーザー脱毛マシンでは高出力なレーザーを照射しています。
このレーザーが黒いメラニンに反応し、毛根が破壊される時の衝撃によって強い痛みが発生します。

少ない衝撃でも破壊できる

しかし蓄熱式では細かくレーザーを照射し、少しずつ熱量を加えていくため、少ない衝撃でも毛根を破壊する事が可能です。
そのため痛みの殆ど無い脱毛が受けられるのです。

バルジ領域にダメージを与えている

メディオスターはバルジ領域にダメージを与えるというレーザー脱毛マシンです。
バルジは毛根より上の浅い位置に存在している領域です。
毛根よりサイズが小さくなっています。
そのため毛根よりバルジ領域の方が少ない熱量でダメージを与える事が可能です。
レーザーの出力を抑えられるため、痛みも抑える事が可能になりました。
日焼けしても痛みが強くならない事が多いです。

冷却装置が付いている

メディオスターのハンドピースには冷却装置が付いています。
レーザーの照射を行っても、速やかに冷却される仕組みになっています。
個人差がありますが、熱さよりハンドピースの冷たさを感じる事が多いです。
肌を冷却すると痛みを感じる神経が鈍くなるのです。

出力調整ができる

レーザーの出力を高めるほど脱毛効果が上がります。
しかしその分だけ感じる痛みも強くなってしまいます。
メディオスターでは出力調整ができるため、痛みが強い時は出力を弱める事が可能です。

適度な調整が重要

弱めすぎると脱毛効果が期待できなくなるため、適度な調節が重要です。
医療機関によってはテスト照射も行っているため、事前に痛みがどの程度なのか分かりやすくなっています。

麻酔で和らげる事が可能

痛みが強い時は医療機関のために麻酔で和らげる事が可能です。
麻酔クリーム、笑気ガスなど医療機関によって麻酔方法が異なります。

・別途麻酔代が発生する
別途麻酔代が発生する事が多くなっています。
我慢できる方は麻酔を使用しない方が料金の節約となります。