ディオーネのハイパースキンカレンの脱毛効果は?

痛くない脱毛法として注目されているのがSHR脱毛とハイパースキン脱毛という方法です。
従来の脱毛法とはアプローチの仕方が全く違っていて、痛みがない、熱くない、肌に優しい脱毛法です。
この2つの脱毛法の違いと、どちらの脱毛法が効率的なのかを紹介しましょう。

従来の光脱毛が痛い理由

たいていの脱毛サロンで行われている一般的な脱毛方法は、ムダ毛に含まれているメラニンをターゲットとしています。
光を毛根に当てて毛を育てている細胞や組織などにダメージを与える方法で、高熱が必要となりますから多少の痛みを感じたり、肌トラブルが起きる場合があります。
また、毛周期に応じて2、3ヶ月おきにしか脱毛できず、成長期の毛にしか脱毛効果はありません。

SHR脱毛とは?

SHR脱毛とはムダ毛を包み込んでいる毛包という部分に熱を加えて、その奥にあるバルジ領域という部分にダメージを与えます。
バルジ領域では毛母細胞を分裂させてムダ毛を作り出す大元となっている部分ですから、ここが機能しなくなることでムダ毛を作らせることを阻止する方法です。
従来の光脱毛のようにメラニンがターゲットではありませんから日焼けした肌でも脱毛できますし、高熱を必要としませんからほんわかと温かく感じる程度で痛みがありません。
産毛のような細い毛もしっかり脱毛できて、メラニンが少ない金髪や白髪の毛も脱毛可能です。
毛周期に関係なく脱毛できますから、脱毛終了までの期間が短くてすみます。

→ SHR脱毛は危険?抜けない?効果ない?

ハイパースキン脱毛とは?

ハイパースキン脱毛とは、バルジ領域で作られた発毛因子にダメージを与える方法です。
いわゆる毛の種にダメージを与えることで細胞分裂が行われなくなり、ムダ毛が成長できなくなり脱毛できるという仕組みです。
SHR脱毛と同様に高熱は必要ありませんから、痛みや肌トラブルが全くありません。
また、メラニンをターゲットとしていませんから、SHR脱毛同様のメリットがあります。
SHR脱毛と大きく違うところは、毛周期の毛が抜けてしまった後の退行期のムダ毛にしか効果がないという点です。

SHR脱毛とハイパースキン脱毛のどっちがいいの?

SHR脱毛とハイパースキン脱毛もどちらも似たようなメリットを持っていますが、今から脱毛するならSHR脱毛の方がおすすめです。
新しい技術ですから効果も高いですし、ハイパースキン脱毛よりも値段が安くなっています。
脱毛効果を感じやすくハイパースキン脱毛よりも行われている脱毛サロンの数が多いですから、始めやすいというメリットがあります。

フランチャイズの脱毛サロン

ディオーネはフランチャイズの脱毛サロンという特徴があります。
脱毛方法や導入している脱毛マシンなどはどの店舗でも共通です。
しかしある程度融通が利くため、店舗によって支払い方法が若干異なるのです。

現金一括払いが原則

ディオーネの多くの店舗で原則現金一括払いとなっています。
SSSの3か所ショートコースなら数万円のため、現金一括でも支払いしやすいです。
しかしメニューやコースによっては10万円、20万円、30万円といった高額なものがあるため、現金一括払いでは厳しい事がありました。
ディオーネでは手元にある現金が少ない、銀行口座に入っている預金が少ないといった方でも支払いしやすい方法を用意しています。

店舗によっては現金による分割払いが可能

ディオーネの店舗によっては現金による分割払いに対応しています。
現金一括払いでは厳しいという方でも分割払いなら支払いしやすいです。
分割払いの回数や1回当たりの金額についても相談ができます。
無理が生じない回数と金額で支払いできるために安心です。
中には分割手数料が発生しない店舗もあります。

クレジットカード払いができる店舗

ディオーネにはクレジットカード払いができる店舗があります。
クレジットカードには1回払いや2回払い、ボーナス一括払い、分割払い、リボ払いなど様々な支払い方法があります。
カードに対応している店舗の多くで1回払いとなっています。
クレジットカードによって異なりますが、翌月の支払日に口座から自動的に引き落としされます。

後から変更できるクレジットカード

クレジットカードの中には後から支払い方法の変更ができるものがあります。
1回払いを選んでも、後から分割払いやリボ払いに変更できるのです。
これはディオーネ側の対応ではなく、カード会社側の対応となります。
そのためカード会社へ連絡し、支払い方法の変更を行って貰う事が必要です。
インターネットでマイページにアクセスしてログインする、コールセンターに電話をかけるといった手続き方法があります。
ただし後から変更できないクレジットカードでは無理です。
手数料も発生するため、事前に把握しておいて下さい。